ペンタックス、手ブレ補正機構内蔵のデジタル一眼レフカメラ「K100D」 | RBB TODAY

ペンタックス、手ブレ補正機構内蔵のデジタル一眼レフカメラ「K100D」

 ペンタックスは、独自の手ブレ補正機構を内蔵した610万画素デジタル一眼レフカメラ「K100D」を7月下旬に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は7万円台半ば。

IT・デジタル デジカメ
手ブレ補正機構内蔵のK100D
  • 手ブレ補正機構内蔵のK100D
  • K100Dの背面
 ペンタックスは、独自の手ブレ補正機構を内蔵した610万画素デジタル一眼レフカメラ「K100D」を7月下旬に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は7万円台半ば。さらに、標準ズームレンズ「DA 18-55mmF3.5-5.6AL」付きのセットモデルも用意しており、店頭価格は9万円前後の見込み。

 K100Dは、同社のデジタル一眼レフカメラで初めて、手ブレ補正機構「SR(Shake Reduction)」を内蔵したモデル。SRは、撮像素子(CCD)を水平・垂直方向に磁力で駆動させることで、手ブレを軽減する独自の方式となっている。このSR方式は、ガイドレールが存在しないほか、CCDの駆動に磁力を利用しているため、高速に駆動できるのだという。なお、SRは、同社のすべての交換レンズで有効。

 AFセンサーは、11点測距(中央部9点はクロスタイプ)の「SAFOX VIII」を採用する。撮像素子は、従来と同様の有効610万画素CCDを装備。連写機能は毎秒2.8コマ、連続撮影枚数はJPEG最高画質撮影時が最大5コマ、RAW撮影時が最大3コマとなっている。

 レンズマウントは、ペンタックスKAF。装着可能なレンズは、K、KA、KAF、KAF2。さらに、アダプターを利用することで、スクリューマウントレンズ、645用レンズや67用レンズも使用できる。

 撮像感度は、ISO200〜3,200。光学ファインダーはペンタミラーで、視野率が96%、ファインダー倍率が0.85倍となっている。液晶ディスプレイは、2.5型21万画素。

 本体サイズは幅129.5×高さ92.5×厚さ70mm、重さは560g。電源は、単3形電池×4本またはCR-V3リチウム電池×2本を利用する。記録メディアは、SDメモリーカードを採用。

 同梱ソフトとして、市川ソフトラボラトリーの「SILKYPIX」の現像処理エンジンをベースに開発したRAW現像ソフト「PENTAX PHOTO Laboratory 3」と、閲覧ソフト「PENTAX PHOTO Browser 3」が付属する。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top