モバイル事業は長く本業としてコミットする -ソフトバンク孫氏 | RBB TODAY

モバイル事業は長く本業としてコミットする -ソフトバンク孫氏

 ソフトバンクグループが買収した日本のボーダフォンだが、社名は「ソフトバンクモバイル」、ブランド名は「ソフトバンク」に変更すると発表した。このブランド名だが、代表取締役社長の孫正義氏は、「いろいろと迷いました」としている。

ブロードバンド その他
5月27日に発売されるボーダフォンのワンセグ携帯電話「905SH」を掲げる、ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏
  • 5月27日に発売されるボーダフォンのワンセグ携帯電話「905SH」を掲げる、ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏
 ソフトバンクグループが買収した日本のボーダフォンだが、社名は「ソフトバンクモバイル」、ブランド名は「ソフトバンク」に変更すると発表した。このブランド名だが、代表取締役社長の孫正義氏は、「いろいろと迷いました」としている。

 今回のブランド名に決定した理由について、「長く本業としてコミットするという気持ち」「グループ全体の相乗効果」「『ソフトバンク』の認知度が相当レベルに高まっていること」をあげている。

 なお、「まったく新しいブランド名の候補が、2,000ほどあがった」ということも、明らかにした。

 新ブランドに完全に切り替わるのは、10月1日。それまでに、全国のボーダフォンショップの看板をはじめ、パンフレットのロゴ、商品やサービス名称を順次切り替えていく計画だ。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top