松下とソニー、8cm DVDでHDデジタル録画できるビデオカメラ規格「AVCHD」の基本仕様を策定 | RBB TODAY

松下とソニー、8cm DVDでHDデジタル録画できるビデオカメラ規格「AVCHD」の基本仕様を策定

 松下電器産業とソニーは11日、8cm DVDディスクを用いて高精細なHDデジタル映像の記録再生を可能にするHDデジタルビデオカメラ規格「AVCHD」の基本仕様を策定した。

IT・デジタル デジカメ
 松下電器産業とソニーは11日、8cm DVDディスクを用いて高精細なHDデジタル映像の記録再生を可能にするHDデジタルビデオカメラ規格「AVCHD」の基本仕様を策定した。今後、両社は本規格を関連する業界に積極的に提案するための各種ライセンスに関する準備を開始するとしている。

 AVCHD規格は、1,080i方式や720p方式のHD信号を8cm DVDディスクに高効率の圧縮符号化技術を用いて記録するHDデジタルビデオカメラの規格。映像圧縮にはMPEG-2やMPEG-4に対して2倍以上の高い圧縮符号化効率を持つ「MPEG-4 AVC/H.264方式」、音声にはドルビーデジタル(AC-3)方式およびリニアPCM方式が採用されており、コンパクトかつ高画質・高音質なHDビデオカメラの商品開発が可能になるとしている。

■「AVCHD」規格の主な仕様

●記録メディア:8cm DVD
●記録波長:650nm(ナノメートル)
●映像
 ・ビデオ信号(画素数 水平×垂直)
  −1,080/60i、1,080/50i、1,080/24p(1,920×1,080・1,440×1,080)
  −720/60p、720/50p、720/24p(1,280×720)
  −480/60i(720×480)
  −576/50i(720×576)
●音声
 ・圧縮方式(圧縮後のビットレート、音声モード)
  −ドルビーデジタル[AC-3](64〜640kbps、1〜5.1チャンネル)
  −リニアPCM(1.5Mbps(2チャンネル)、1〜7.1チャンネル)
《村上幸治》

特集

page top