ビクター、木目/黒色塗装のアンプ内蔵サブウーハー | RBB TODAY

ビクター、木目/黒色塗装のアンプ内蔵サブウーハー

IT・デジタル その他

木目(光沢塗装仕上げ)のSX-DW77(左)、黒色(つや消し塗装仕上げ)のSX-DW75(右)
  • 木目(光沢塗装仕上げ)のSX-DW77(左)、黒色(つや消し塗装仕上げ)のSX-DW75(右)
 日本ビクターは、振動板の駆動補正を行うMFB(Motional Feed Back)サーボ技術を採用し、生演奏の感動や映画館の迫力を追求したというアンプ内蔵サブウーハー「SX-DW77」「SX-DW75」を6月2日に発売する。価格は、キャビネットが木目(光沢塗装仕上げ)のSX-DW77が173,250円、黒色(つや消し塗装仕上げ)のSX-DW75が159,600円。

 内蔵アンプの最大出力は600W。スピーカー部には口径30cmのウーハーを採用し、出力音圧レベルは88dB/Wmとなる。再生周波数帯域は16〜250Hzで、連続可変(40〜120Hz)のハイカットフィルターを装備する。本体サイズは幅390×高さ390×奥行き445mm、重さは25kg。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top