【PIE2006】LUMIX初のデジ一眼が参考出品されるパナソニックブース | RBB TODAY

【PIE2006】LUMIX初のデジ一眼が参考出品されるパナソニックブース

IT・デジタル その他

パナソニックのLUMIXブース
  • パナソニックのLUMIXブース
  • 広角28mm3.6倍ズームのスリムコンパクト「DMC-FX01」もちろん手ぶれ補正付きだ。
  • 中央ステージではプロカメラマン森脇氏がモデルの女の子を被写体にLUMIXの撮影テクニックを伝授
  • LUMIXシリーズ初のデジタル一眼レフ「DMC-L1」はケース内に参考出品展示。残念ながら触れない。
  • それぞれDMC-FX01とDMC-TZ1に対応する水中ハウジング。マリンスポーツを楽しむ人は、ぜひ揃えておきたいアイテムだ。
 松下電器産業はパナソニックロゴでなく、同社のデジタルカメラ「LUMIXシリーズ」のロゴを冠したブースを展開し、ブランドを積極的にアピールするとともに、大画面プラズマテレビでの写真再生など、総合家電メーカーである同社の特色を打ち出している。

 ブース前面は、ワイド端28mmテレ端102mmの光学3.6倍ズーム(35mm判換算時)とF2.8という明るさを誇るライカDCレンズを搭載したスリムコンパクト機「DMC-FX01」と、コンパクトなボディに10倍ズームを詰め込んだ旅カメラ「DMC-TZ1」を中心に展開。いずれもLUMIXシリーズの新製品だ。また、中央ステージでは、雑誌などで活躍するプロカメラマン森脇章彦氏によるLUMIX新製品ならではの撮影テクニックを伝授してくれる。

 ブースを取り囲むように、同社のSDカードスロットを装備した大画面プラズマテレビ「VIERA」シリーズの各製品が並び、「写して、映す テレ写」をアピール。大画面の迫力ある映像と、きめ細かい写真画像の美しさがとても印象的だ。

 また、ブースの正面および右角には、今回の見所である同社初のデジタル一眼レフカメラ「DMC-L1」が参考出品展示されている。これは2月末米国で開催された「PMA 2006」でも展示されたものなのでご存じの方も多いかもしれない。オリンパス「E-330」と同様、ライブビュー機能と750万画素の撮像素子を搭載するという。残念ながらケース内での展示となるため触ることはできない。

 ブース側面には、「DMC-FZ7」やほかのLUMIXシリーズの既存製品などが展示されるとともに、新製品に対応する水中ハウジングなども展示されている。
《竹内充彦》

関連ニュース

特集

page top