「Winny」の起動を阻止するソフト「ウィニーストッパー」の単品販売が開始 | RBB TODAY

「Winny」の起動を阻止するソフト「ウィニーストッパー」の単品販売が開始

エンタープライズ その他

 アップデートテクノロジーは、ファイル交換ソフト「Winny」の起動を阻止するツール「ウィニーストッパー Ver.1」を3月27日に発売する。価格は1年間1ユーザーライセンスで980円。

 また、個人およびSOHO向けとして、4月中旬をめどにダウンロード販売も開始される予定となっている。ほか、23日からは30日間使用可能な限定評価版が同社Webサイトにてダウンロード公開されている。

 ウィニーストッパーは、Winnyの起動処理を監視し、起動を検知するとこれを阻止する防御ツール。同製品はユーザーライセンスの形態で提供されるため、1つのライセンスを購入すれば、企業内のみならず家庭のPCにインストールすることもでき、自宅PCからのデータ流出を阻止することも可能になるとしている。

 なお、同製品は同社のシステム管理者向けパッチマネジメントソフト「アップデートエキスパート Ver.6.1」の登録ユーザーに対しては、無償ユーザーライセンスで提供される。

 また、システム管理者が「アップデートエキスパート Ver.6.1」を利用して、企業内の複数のPCにウィニーストッパーを展開するための機能を提供する予定のほか、将来的には企業内PCへのウィニーストッパーのインストール状況を監視することで、一括して管理できるようになるとしている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top