シャープ、ネイティブ音声対応の電子辞書2機種 | RBB TODAY

シャープ、ネイティブ音声対応の電子辞書2機種

IT・デジタル その他

PW-V8100
  • PW-V8100
  • PW-V8910
 シャープは、電子辞書「Papyrus」のラインアップとして、ネイティブ音声に対応するコンテンツを収録した国語系電子辞書「PW-V8100」と、英語系電子辞書「PW-V8910」を3月10日に発売する。価格は、PW-V8100が50,400円、PW-V8910が52,500円。

 PW-V8100は、「ブリタニカ国際大百科事典」や、収録語数約23万語の「広辞苑」、話題の「脳を鍛える大人の計算ドリル」に加え、日本人の主な海外旅行先である英語圏、韓国語圏、中国語圏で役立つ旅行会話をネイティブ音声で収録するなど、合計90コンテンツを収録した電子辞書。

 PW-V8910は、定評ある英和・英英辞典、ネイティブ音声で例文が聴ける「TOEICテスト英単語・熟語マスタリー 2000」、正しい日本語表現に役立つ「スーパー大辞林」や「類語新辞典」など、合計27コンテンツを収録。また、音声付中国語辞書カード「PW-CA30」に対応し、ネイティブ音声で中国語の学習もできるなど、ビジネスマンや学生向けの電子辞書となっている。

 このほか、両モデルともに、外キャビネットにアルミパネルを使用し、内部に強力な金属製アングルを施すことにより外部の圧迫から液晶パネルを保護する「新インナープロテクト」を採用。さらに、利用できるコンテンツを拡張できる「カードスロット」も装備する。

 本体サイズはともに、幅141×奥行き107×厚さ14.9〜16.9mm、重さは約265g。電源は単4電池×2本で、アルカリ乾電池での連続使用可能時間は約200時間。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top