ヨン様が筆頭株主に −ペ・ヨンジュン・IMX・ソフトバンク、キーイーストに共同出資 | RBB TODAY

ヨン様が筆頭株主に −ペ・ヨンジュン・IMX・ソフトバンク、キーイーストに共同出資

 2月20日、コスダック上場会社であるキーイースト(現オットウィンテック)に、俳優のペ・ヨンジュン氏が90億ウォン、IMXが10億ウォン、ソフトバンクグループが30億ウォンの計130億ウォンを共同出資する予定が公表された。

エンタメ その他
 2月20日、コスダック上場会社であるキーイースト(現オットウィンテック)に、俳優のペ・ヨンジュン氏が90億ウォン、IMXが10億ウォン、ソフトバンクグループが30億ウォンの計130億ウォンを共同出資する予定であることが公表された。最終的にペ・ヨンジュン氏が37.5%の持分を保有し、最大の株主となり、経営権を引き受けることとなる。

 今回の投資持分は、キーイーストの計180億ウォンの有償増資のうちの130億ウォンにあたり、有償増資日から今後2年間は売買を制限(現行法上の基準時限の1年に追加1年を追加)することにより、コスダック企業投資による不必要な投機疑惑を事前に防ぐという。

 キーイーストは、差別化したコンテンツ開発および政策システムを構築し、アジア全体の市場を目標としたコンテンツを開発し、アジア全域で事業領域を拡張、アジアコンテンツ産業の主導権を確保するという事業概要を提示した。アジアを代表する俳優ペ・ヨンジュン氏と、アジアコンテンツ流通のIMX、そしてデジタルコンテンツおよびメディアサービス提供というソフトバンクが組んで、『BIS(Bae、IMX、Softbank)プロジェクト』を通じてキーイーストをアジア最高のメディア企業として発展させるのが狙いとなる。

 今回の出資に関し、ペ・ヨンジュン氏は「韓国文化コンテンツ産業の競争力は大きく向上しました。これを持続させるためには、規模のある成長が必要な時であると考えています。そのためにはアジア全域の文化において積極的な交流を図り、ソフトバンク、IMXの協力のもとでこれらのアジアコンテンツ市場の発展のために努力していきます」と抱負を述べている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top