ブロケードとマイクロソフトおよびNTT Com、広域ファイルサービス統合ソリューション提供に向け共同検証 | RBB TODAY

ブロケードとマイクロソフトおよびNTT Com、広域ファイルサービス統合ソリューション提供に向け共同検証

エンタープライズ その他
 ブロケードコミュニケーションズシステムズ(以下ブロケード)、マイクロソフト、NTTコミュニケーションズ(以下NTT Com)の3社は、2月8日から、広域ファイルサービス(Wide Area File Service:以下WAFS)統合ソリューション提供の実現に向け、共同検証を開始すると発表した。同検証は2月末の終了を予定しており、その成果はNTT Comのホスティングサービスの一部として展開される予定だという。

 今回検証の対象となるWAFS統合ソリューションでは、分散した拠点(支店・事業所)にファイルサーバを配置する必要をなくし、データセンターへの集約を可能にする。これにより管理費用が削減されると共に、拠点ユーザは性能低下を意識することなく、センターにあるデータに直接かつセキュアにアクセスすることが可能となる。

 同検証では、NTT Comの施設を統合拠点とし、同社が保有する全国規模の広域網を利用する。ブロケードのWAFS製品「Tapestry WAFS」とマイクロソフトの「Microsoft Windows Storage Server 2003」を分散した拠点に配備し、拠点間の帯域、拠点間の距離、ならびに使用するファイルサイズなどを変更することにより、多種多様な環境に対して提供できる実測値を収集し、本ソリューションの提案に活用することを目的としているという。
《竹内充彦》

特集

page top