アイオー、DVDレーベル面に描画可能な記録型DVDドライブ2機種計3モデル発売 | RBB TODAY

アイオー、DVDレーベル面に描画可能な記録型DVDドライブ2機種計3モデル発売

IT・デジタル その他

USB2.0対応外付けタイプ「DVR-UN16L」
  • USB2.0対応外付けタイプ「DVR-UN16L」
  • ATAPI対応内蔵タイプ「DVD-ABN16LBK」
  •  アイ・オー・データ機器は「Labelflash」技術を採用し、DVDレーベル面に描画可能な記録型DVDドライブ2機種計3モデルを発売する。
 アイ・オー・データ機器は「Labelflash」技術を採用し、DVDレーベル面に描画可能な記録型DVDドライブ2機種計3モデルを発売する。3モデルの内訳は、USB2.0対応の外付けタイプ「DVR-UN16L」および、ATAPI対応の内蔵タイプでホワイトモデルの「DVR-ABN16L」と同ブラックモデルの「DVR-ABN16LBK」。

 「DVR-UN16L」と「DVR-ABN16L」は、共に12月下旬出荷予定。ブラックモデルの「DVR-ABN16LBK」のみ来年1月出荷予定となる。価格は、外付けタイプの「DVR-UN16L」が16,485円、内蔵タイプの2モデルが10,920円となっている(いずれも税込み)。

 各モデル共に「Labelflash」技術に対応し、レーベル面にもオリジナルデザインを施せる。レーベルデザイン専用ソフト「labelFOLiO」と、Labelflash専用メディア1枚(16倍速対応1層DVD-R、4.7GB)が添付される。添付ソフトを使ったレーベル描画速度は、速度優先(182dpi)で約6分、画質優先(605dpi)で約20分。

 ドライブの記録速度は、2層DVD+R書込み8倍速、1層DVD+R書込み16倍速、DVD+RW書込み16倍速、2層DVD-R書込み6倍速、1層DVD-R書込み16倍速、DVD-RW書込み6倍速、DVD-RAM書込み5倍速、DVD-ROM読み出し16倍速、CD-R書込み48倍速、CD-RW書込み32倍速、CD-ROM読み出し48倍速などとなっている。

 添付ソフトは「labelFOLiO」以外にも「DVD MovieWriter 4 SE」や「B's Recorder GOLD8 Security」などが付属する。

 「labelflash」技術は、ヤマハと富士写真フイルムが共同開発した技術で、記録型DVDドライブ装置のデータ記録用レーザーで、DVDディスクレーベル面に直接描画することを可能にしたもの。

 専用の記録型DVDメディアにデータを記録した後、ディスクを裏返して挿入すれば、データ記録用レーザーで、表面から深さ0.6mmにある青紫色の描画専用色素を透明化させ、濃淡を表現することができる。

 同技術は、富士フイルムの機能性色素技術、精密薄膜塗布技術や平坦基板形成技術と、ヤマハのCD-Rドライブ開発で培ったディスク信号面に印字や描画をする技術「DiscT@2」をベースとして、実現した。
《竹内充彦》

特集

page top