トレンドマイクロ、OS起動前にウィルスパターンファイルを更新する機能をNEC製PCに搭載 | RBB TODAY

トレンドマイクロ、OS起動前にウィルスパターンファイルを更新する機能をNEC製PCに搭載

エンタープライズ その他

 トレンドマイクロは5日、2006年1月に出荷予定のNEC製ビジネスPC「VersaProシリーズ」製品に対し、OS起動前のセキュリティ対策機能「パターンアップデート エージェント」をバンドル提供すると発表した。

 パターンアップデート エージェントは、「ウイルスバスター2006 インターネット セキュリティ」と組み合わせることで、OSが起動する前に各種パターンファイルを最新のものに更新できる機能。同社ではこれにより、OS起動後すぐに最新のパターンでリアルタイム検索が可能となるため、長期出張や長期休暇後などにPCを立ち上げる際の、社内ネットワークへのウイルス感染のリスク低減など、より安全なPC環境を実現可能になるとしている。

 パターンアップデート エージェントにより更新可能なパターンファイルは以下のとおり。

・ウイルスパターンファイル
 ウイルスの特徴、行動パターン、駆除方法などの情報を登録したウイルス定義ファイル
・ネットワークウイルスパターンファイル
 ネットワークウイルスの情報が登録されている定義ファイル
・ウイルス感染自動修復パターンファイル
 ウイルス感染自動修復プログラムに使用される、不正プログラムの詳細情報を登録した定義ファイル
・スパイウェア監視パターンファイル
 スパイウェア情報を登録したファイル。リアルタイム検索拡張設定が有効の時に使用
・スパイウェアパターンファイル(手動検索)
 スパイウェア情報を登録したファイル。手動でのスパイウェア検索で使用
《村上幸治》

特集

page top