ニコン、D200撮影体験イベントを東京で開催 入場3時間待ちの大盛況 | RBB TODAY

ニコン、D200撮影体験イベントを東京で開催 入場3時間待ちの大盛況

IT・デジタル その他

Nikon D200 Special Liveの東京会場
  • Nikon D200 Special Liveの東京会場
  • 入場3時間待ちの大行列
  • D200(12月16日発売予定)。ボディのみの実売予想価格は198,000円前後
  • D200の上面
  • D200の背面。2.5型液晶を装備
  • Nikon D200 Special Liveの受付
  • D200撮影体験コーナー
  • プロカメラマンの阿部秀之氏によるD200セミナー。阿部氏が、D200の魅力を熱く軽快に語る。本日のトークも絶口調
 ニコンは2日、ハイアマチュア向けデジタル一眼レフカメラ「D200」の撮影体験イベント「Nikon D200 Special Live」を東京・恵比寿ガーデンプレイスで開催した。Nikon D200 Special Liveは、全国6個所で順次行われており、すでに札幌・名古屋・大阪の3会場は終了。東京の会場は、恵比寿ガーデンプレイス内の恵比寿ザ・ガーデンルーム。会期は12月2日〜4日で、開場時間は2日が13時〜20時、3日と4日は10時〜18時となる。入場は無料。

 Nikon D200 Special Live(東京会場)の初日である2日は、D200の実機を発売前に触れるとあって、平日にもかかわらず、開場前に約600人の行列ができ、入場規制が敷かれた。開場時間は30分繰り上げてオープンされたが、13時の時点では3時間待ち、14時の時点で2時間待ちとアナウンスしていたほどの大盛況ぶりだ。

 D200は、23.6×15.8mm(APS-Cサイズ相当)の有効1,020万画素CCDを搭載したデジタル一眼レフカメラ。ボディにはマグネシウム合金シャーシを採用し、防滴・防塵仕様が施されている。シャッターユニットは、10万回のレリーズ耐久性を誇るなど、プロの利用もターゲットにした製品だ。

 イベントの来場者には、16Mバイトのコンパクトフラッシュ(CF)と同社オリジナルCFケースがプレゼントされる。このCFと会場内のD200を使用して、ウェディングドレスを着たモデルを撮影できる。さらに、撮影したデータは、エプソンのインクジェット複合機「PM-A950」でプリントしてくれるのだ。なお、イベント会場において、発売前の製品の実写画像ファイルを持ち帰えることができるサービスは、同社で初めての試み。

 本イベントの概要は、D200撮影体験コーナーのほか、プロカメラマンの阿部秀之氏らによるD200セミナー、D200で撮影した写真展、D200を実際に触れるD200説明コーナーなどで構成されている。

 さらに、D200で採用されているマグネシウム合金シャーシやCCD、オートフォーカスモジュール「マルチCAM1000」、ペンタプリズムなど、D200の内部を公開。

 D200と同時発売で、シャッター速度4段分の手ブレ軽減効果があるという手ブレ補正機能「VRII」を搭載したデジタル専用高倍率ズームレンズ「AF-S DX VR ズームニッコール ED 18-200mm F3.5-5.6G (IF)」をはじめ、同社の交換レンズ群も展示していた。

 なお、Nikon D200 Special Liveは、今後、福岡と仙台でも行われる。会期は両会場とも12月9日〜10日。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top