実は低コスト!? 快適・安定はもちろん、それだけではないFTTH(ダイジェスト版) | RBB TODAY

実は低コスト!? 快適・安定はもちろん、それだけではないFTTH(ダイジェスト版)

ブロードバンド その他

 以前は大容量データといえば、ソフトウェアのダウンロードばかりであったが、動画を公開するサイトに大容量の動画ファイルを登録したり、コミュニケーションソフトで大容量のデータを相手に渡す機会が多くなった今、ダウンロードだけでなくアップロードの速度も重要。FTTHはこれらの悩みを解決してくれるのだろうか。

 ADSLは、もともと高速なデータを伝送するつもりのなかった銅の電線に高速データを通しているため、収容局からの銅線の長さ(線路長)による抵抗分によって帯域が決まり、その結果、収容局から遠いユーザーの速度が落ちてしまうのだ。ADSLのサービスの名前は「50Mbps」とされていても、実際には数Mbpsになってしまう可能性があるのがADSLの実態。

 一方、FTTHの強みは、いつでも規格どおりの通信速度が出て、いつでも安定して通信ができることだ。しかも、実はもっと大きなメリットがFTTHにはあることを忘れてはならない。インターネット以外にも色々なサービスが用意されており、それらを上手に利用すれば、さまざまなメリットを得ながらトータルの支払額としては少なくなる、なんてことも実現可能なのだ。

 たとえば、TVCMが盛んに流されている光ファイバーを使った電話サービス。NTT東西の「ひかり電話」の場合、月々の支払いは525円(税込)からとされているが、FTTHサービスのBフレッツがすでに導入されている場合は、これだけで通常の電話を置き換えられる。さらに「ひかり電話」を導入すると家の電話を解約してしまってもかまわない。これで月額2000円近くかかっていた電話の基本料金がなくなるため、トータルでみればコストの面でも有利になるというわけだ……


(全文はRBB TODAY光特集ページに掲載)
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top