ソニーとサムスンの合弁会社、液晶パネル生産能力拡大のため100億円の設備投資 | RBB TODAY

ソニーとサムスンの合弁会社、液晶パネル生産能力拡大のため100億円の設備投資

IT・デジタル テレビ
 ソニーとサムスン電子の合弁会社であるS-LCDは、好調なテレビ用液晶ディスプレイパネル需要に対応するため、約100億円の設備投資を行い、第7世代の液晶ディスプレイパネル生産能力の拡大を図ると発表した。

 S-LCDは、2004年4月にソニー(49%)とサムスン電子(51%)の折半出資により設立されたアモルファスTFT液晶パネルの製造合弁会社で、現在、第7世代のガラス基盤(1,870×2,200mm)で月産6万枚の生産能力を持つ。

 同社は、自己調達による約100億円の設備投資を行い月産能力を現状の生産能力から1.5万枚増強し、2006年7月から月産7.5万枚体制とする予定。
《竹内充彦》

関連ニュース

特集

page top