マランツ、ハイビジョン対応のDLPプロジェクター「VP8600」 | RBB TODAY

マランツ、ハイビジョン対応のDLPプロジェクター「VP8600」

IT・デジタル その他
 マランツ コンシューマー マーケティングは、ハイビジョン対応DLPプロジェクター「VP8600」を12月に発売する。価格は525,000円。

 VP8600は、パネル部に0.81型SXGA(1,280×720ドット)のテキサス・インスツルメンツ製「HD2+ DarkChip2 DMDパネル」を搭載したDLPプロジェクター製品。ランプには、ハイエンドモデルに使われているものと同じ「200W VIPランプ」(超高圧水銀ランプ)が採用されており、平均寿命は4,000時間となっている。

 投射レンズには大口径、高精度の1.34倍ズームレンズを搭載。また、レンズ内部に「猫目絞り」を搭載することで、2,500:1の高コントラスト比を実現している。さらに設置の自由度を高める「垂直レンズシフト」を搭載しており、投射位置を上下方向に1/3画面分動かせるようになっている。これにより、天吊り時にはスクリーンの上端をレンズ光軸からスクリーンの高さ1/10まで下げて設置できるという。

 機能面では、同社のプロジェクターとしては初めて「ピクチャー・イン・ピクチャー(PIP)機能」を搭載しており、サブ画面の大きさと挿入位置が細かく設定できるようになっている。また、ガンマ特性は、シアター/スタンダード/ダイナミックに加え、低輝度(LB)モード/高輝度(HB)モードの計5つがプリセットされているほか、色温度も4段階から選択できる。

 画像入力には、DVI-D端子を装備しているのに加え、DVI-HDMIアダプターが同梱されているため、DVIとHDMIのどちらでも画質劣化の少ないデジタル伝送が利用可能。このほか、コンポーネント/Sビデオ/コンポジット/アナログVGAの端子をそれぞれ装備している。

 本体サイズは幅435×奥行き385×高さ190mm、重さは12kg。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top