NTT東西、ひかり電話で2回線同時通話が可能になるオプションサービスなどを開始 | RBB TODAY

NTT東西、ひかり電話で2回線同時通話が可能になるオプションサービスなどを開始

ブロードバンド その他

 東日本電信電話および西日本電信電話(NTT東日本/西日本)は、「Bフレッツ/フレッツ・光プレミアム」利用者に提供されているIP電話「ひかり電話」において、同時に2回線分の通話を可能とする「複数チャネル」サービスおよび、複数の電話番号が利用できる「追加番号」サービスを開始する。

 サービスは、NTT東日本では11月10日から、NTT西日本では11月末から。なお、申し込み受付開始はNTT東日本/西日本ともに11月1日から。

 複数チャネル(ダブルチャネル)サービスは、ひかり電話1契約で、2回線分の同時発着信が可能となるオプション・サービス。同サービスにより、ひかり電話を複数契約することなく、家庭や事業所において、電話2回線分の同時利用や電話とFAXの同時利用が可能になる。

 一方の追加番号(マイナンバー)サービスは、ひかり電話1契約で、契約者回線番号を含め、最大5つの電話番号が利用可能となるオプション・サービス。同サービスにより、家族の中で個人ごとに電話番号を使い分けたり、電話とFAXの電話番号を使い分けるなどの利用が可能になる。

 なお、どちらのサービスを利用する場合でも、あらたにサービスに対応した「ひかり電話対応端末機器」が必要となり、これはNTTからのレンタル提供となる。また、NTT東日本では、同機器に専用の無線LANカードを付けることで、別売りの無線IP電話機が利用できるようになるオプションも用意されている。

 各サービスおよび対応端末機器の利用料などは以下のとおり。

■複数チャネル(ダブルチャネル)
 月額利用料:420円(1契約ごと)
●工事費
 基本工事費:1,050円(1工事ごと)
 (派遣工事を伴う場合は4,725円。ただしBフレッツと同時工事の場合はすべて無料)
 交換機等工事費:1,050円(1契約ごと)
 (ひかり電話と同時工事の場合は無料)

■追加番号(マイナンバー)
 月額利用料:105円(1電話番号ごと)
●工事費
 基本工事費:1,050円(1工事ごと)
 (派遣工事を伴う場合は4,725円。ただしBフレッツと同時工事の場合はすべて無料)
 交換機等工事費:735円(1電話番号ごと)
 (ひかり電話と同時工事の場合は無料)

■新規サービス対応ひかり電話対応端末機器
 月額利用料(NTT東日本のみ、1装置ごと)
 Bフレッツ ハイパーファミリータイプ利用の場合
・無線LAN利用なし:無料
・無線LAN利用あり:315円
 Bフレッツ マンションタイプ利用の場合
・無線LAN利用なし:472.5円
・無線LAN利用あり:787.5円

●工事費(接続・設置をNTTに依頼する場合に発生。ユーザーが自身で行う場合は不要)
 基本工事費:4,725円(1工事ごと)
 無線LAN利用なし:4,200円※(1装置ごと)
 無線LAN利用あり:7,875円(1装置ごと、NTT東日本のみ)
※NTT西日本の場合、フレッツ・光プレミアムとひかり電話と同時工事の場合は無料
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top