YOZAN、米iPass Inc.とローミング契約締結 -iPassユーザはWiMAXサービスが利用可能に | RBB TODAY

YOZAN、米iPass Inc.とローミング契約締結 -iPassユーザはWiMAXサービスが利用可能に

ブロードバンド その他

 YOZANは、米iPass Inc.との間で、今年12月からYOZANが開始するWiMAXサービスのネットワーク(WiMAX/Wi-Fiのハイブリッドネットワーク)を、世界150カ国以上でリモートアクセスサービスを提供しているアイパスのユーザが利用できる公衆無線LAN(Wi-Fi)とのローミング契約を締結したと発表した。

 今回のiPassとの契約締結は、YOZANが推進しているWiMAXネットワークのインフラを他事業者へ提供するVNO(Virtual Network Operator)モデルの第一弾となるという。

 この契約により、世界で月間50万以上に及ぶiPassのアクティブユーザは、YOZANのWiMAXを基盤とするWi-Fiアクセスポイント(2006年早期に約8,000局以上設置、その後も継続設置予定)を単一のクライアントソフトウェア「iPassConnect」を使って利用することができ、日本滞在時におけるWi-Fiアクセスによるリモートアクセスの利便性が更に拡大するという。

 YOZANは、12月から始める日本初のWiMAX商用サービスに向け、現在、WiMAXを基盤としたWi-Fiアクセスポイントを、東京の都心部を中心に、日本で最大級、世界最高密度で敷設することを目指しながら、ネットワークの充実を図っている。

 iPass Incは米iPass Inc.は、カリフォルニア州に本拠を置き、企業向けに、モバイル・ワーカー向けのソリューションを提供しているインターネットサービスプロバイダー。
《竹内充彦》

特集

page top