オリンパス、マニュアル撮影機能搭載の800万画素コンパクトデジカメ「CAMEDIA SP-350」 | RBB TODAY

オリンパス、マニュアル撮影機能搭載の800万画素コンパクトデジカメ「CAMEDIA SP-350」

IT・デジタル デジカメ

CAMEDIA SP-350
  • CAMEDIA SP-350
  • 2.5型115,000画素の液晶ディスプレイを装備
 オリンパスは、小型ボディに絞り優先オートやシャッター速度優先オート機能を搭載した、800万画素コンパクトデジタルカメラ「CAMEDIA SP-350」を10月下旬に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は5万円前後。

 撮像画角35mm判換算で38〜114mm相当の光学3倍ズームを搭載する。レンズの明るさは、F2.8〜4.9。2.5型115,000画素の液晶ディスプレイに加え、光学ファインダーも備える。さらに、ホットシューを用意しており、外部フラッシュを装着可能だ。撮像感度はISO50〜400。記録メディアはxDピクチャーカードを採用するほか、本体に25Mバイトメモリを内蔵している。静止画のファイル形式は、JPEGとRAWをサポート。

 電源は、リチウム電池パック「CR-V3」または単3形電池×2本。本体サイズは幅99.5×高さ65.0×奥行き35.0mm、重さは195g。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top