コダック、手ブレ補正付き12倍ズームや広角24mmズーム搭載の最上位カメラ「Pシリーズ」 | RBB TODAY

コダック、手ブレ補正付き12倍ズームや広角24mmズーム搭載の最上位カメラ「Pシリーズ」

IT・デジタル デジカメ

マニュアルズームおよびフォーカスリング採用の800万画素デジタルカメラ「EasyShare P880 Zoom」
  • マニュアルズームおよびフォーカスリング採用の800万画素デジタルカメラ「EasyShare P880 Zoom」
  • EasyShare P880 Zoom 背面
  • 手ブレ補正付き12倍ズームレンズ搭載の510万画素デジタルカメラ「EasyShare P850 Zoom」
  • EasyShare P850 Zoom 背面
 コダックは30日、デジタルカメラ「EasyShare」シリーズの最上位カテゴリに「Pシリーズ」を追加し、新機種として「P880 Zoom」と「P850 Zoom」の2機種を発表した。価格はいずれもオープン。実売予想価格および発売日は、P880が6万円台後半で10月中旬、P850は5万円台後半で9月下旬。

 P880は、1/1.8型800万画素CCD、2.5型11.5万画素の液晶ディスプレイを搭載したシリーズ最上位機種。レンズには、広角が35mm判換算で24mm相当の光学5.8倍ズームレンズ「シュナイダー クロイツナッハ バリオゴン」を搭載する。

 また、ズーム調整はレンズを直接操作して倍率を変更するマニュアルズームを採用するのに加え、マニュアルフォーカス設定時の焦点調整にマニュアルフォーカスリングを採用している。

 本体サイズは幅115.8×高さ97.0×奥行き91.2mm、重さは513g(電池・SDカード除く)。

 P850は、1/2.5型510万画素CCD、2.5型11.5万画素の液晶ディスプレイを搭載した光学式手ブレ補正機能付きハイズーム機種。レンズには、光学12倍ズーム(35mm判換算36〜432mm相当)の「シュナイダー クロイツナッハ バリオゴン」を搭載する。

 また、23.7万画素の電子ビューファインダーの搭載により、ファインダーを覗いてフレーミングやフォーカスの確認をしながらの撮影が可能となっている(P880にも搭載)。

 本体サイズは幅108.0×高さ84.2×奥行き72.0mm、重さは403g(電池・SDカード除く)。

 また、10月中旬にはPシリーズ向けのオプションとして、シュナイダー社製の55mmテレコンバージョンレンズ(1.4倍)や、両機種別のレンズアダプター、Pシリーズ専用の「P-20ズームフラッシュ」が発売予定となっている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top