けわしい再生への道、コダックがカメラ事業から撤退! | RBB TODAY

けわしい再生への道、コダックがカメラ事業から撤退!

エンタープライズ 企業

「Kodak PLAYFULL ウォータープルーフポケットビデオカメラ Ze2」
  • 「Kodak PLAYFULL ウォータープルーフポケットビデオカメラ Ze2」
  • Kodak EasyShare Z5010
  • 「Kodak playsport“バートン”エディション」の利用イメージ
 米イーストマン・コダックは9日(現地時間)、カメラ事業から撤退し、消費者向け写真や婚礼、観光などのコマーシャルプリントビジネスに経営を集中すると発表した。

 1月に経営破綻したイーストマン・コダックは大胆なリストラで経営再建を目指す。柱であるカメラ事業からの撤退により、相当数の雇用が失われるとしている。また、同社は写真用フィルムで知られるが、130年以上に及ぶ歴史の初期からさまざまなカメラを発売し、カメラを広く普及させてきた功績がある。その意味でもカメラ事業からの撤退は惜しまれる。

 撤退は今年上半期中に行われる予定で、デジタルカメラ、ビデオカメラ、デジタルピクチャーフレームの販売を取りやめる。ただし、保証や技術サポートなどのサービス体制は維持する。また、スマートフォン向けの写真関連アプリや充電器、カメラ用アクセサリ、銀塩フィルムなどの販売は継続する。
《山田 正昭》

関連ニュース

特集

page top