レノボ、指紋センサー搭載のA4サイズノートPC「ThinkPad R52」など3機種 | RBB TODAY

レノボ、指紋センサー搭載のA4サイズノートPC「ThinkPad R52」など3機種

IT・デジタル ノートPC

指紋センサーを搭載したThinkPad R52
  • 指紋センサーを搭載したThinkPad R52
 レノボ・ジャパンは、指紋センサーを搭載したA4スタンダードノートPC「ThinkPad R52」10モデルと、A4スリムノートPC「ThinkPad T43」14モデル、A4モバイルノートPC「ThinkPad T43p」2モデルの計3機種26モデルを8月25日に発売する。

 価格はすべてオープンで、ダイレクト価格は、R52が150,150円から、T43が177,450円から、T43pが434,700円から。

 ThinkPad R52は、Rシリーズとして初めて指紋センサーを搭載したA4サイズノート。指紋センサーを利用することで、BIOSパスワードやWindowsログオン、スクリーンセーバーの解除といった複数の認証作業を、パスワードの個別入力から、より簡単な指紋認証に置き換えられる。

 CPUにはPentium M 740(1.73GHz)を採用するほか、Intel 915GMチップセット、DDR2メモリ、FSB533MHz、PCI Expressといった最新のプラットフォームを採用。液晶ディスプレイは、15型XGAパネルまたは15型SXGA+(1,400×1,050ドット)パネルを用意する。

 本体サイズは幅332×奥行き269×高さ37〜40mm、重さは3.0kg。バッテリーは、6セルタイプのリチウムイオン電池を採用し、バッテリー駆動時間は3.8時間または3.6時間(JEITA準拠、搭載液晶パネルにより異なる)。

 ThinkPad T43は、CPUにPentium M 770(2.13GHz)/760(2GHz)/740(1.73GHz)を装備した、パフォーマンスと携帯性を両立したA4スリムモバイルノート。ビデオチップは、「Graphics Media Accelerator 900」と「MOBILITY RADEON X300」の2種類を用意。

 さらに、インターフェースとして、Express Cardスロットが標準装備されているのも特徴となっている。液晶ディスプレイは、14.1型モデルと15型モデルが用意されているのに加え、14.1型ではXGAモデルとSXGA+(1,400×1,050ドット)モデルが選択可能だ。

 バッテリーは、6セルタイプのリチウムイオン電池が採用されており、バッテリー駆動時間は最大4時間(JEITA準拠、モデルにより異なる)。また、オプションのバッテリーを追加することで最大約7.8時間の連続駆動も可能。

 ThinkPad T43pは、CPUにPentium M 780(2.26GHz)、ビデオチップに「MOBILITY FIRE GL V3200」を採用した、A4サイズのモバイルワークステーション。インターフェースとしてExpress Cardスロットを標準搭載するほか、指紋センサーも装備。液晶ディスプレイは、14.1型SXGA+(1,400×1,050ドット)モデルと、15型UXGAモデルの2種類を用意する。

 バッテリーは、9セルタイプのリチウムイオン電池を採用し、バッテリー駆動時間は最大4.9時間(JEITA準拠、モデルにより異なる)。また、オプションのバッテリーを追加することで最大約6.7時間の連続駆動も可能。
《村上幸治》

特集

page top