松下、手ブレ補正搭載の600万画素デジカメ「LUMIX DMC-FX9」 FX8の上位モデル | RBB TODAY

松下、手ブレ補正搭載の600万画素デジカメ「LUMIX DMC-FX9」 FX8の上位モデル

IT・デジタル デジカメ

LUMIX DMC-FX9
  • LUMIX DMC-FX9
  • 液晶サイズはF8と同じ2.5型ながら、解像度は20.7万画素にアップ
  •  松下電器産業は、デジタルカメラ「FX」シリーズの上位機種として、600万画素モデル「LUMIX DMC-FX9」を8月26日に発売する。実売予想価格は5万円前後。
  •  松下電器産業は、デジタルカメラ「FX」シリーズの上位機種として、600万画素モデル「LUMIX DMC-FX9」を8月26日に発売する。実売予想価格は5万円前後。
 松下電器産業は、薄型コンパクトデジタルカメラ「FX」シリーズの上位機種として、600万画素モデル「LUMIX DMC-FX9」を8月26日に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は5万円前後。なお、500万画素の従来モデル「LUMIX DMC-FX8」も併売する。

 6月に発売したFX8からの変更点は、CCDの解像度が500万画素から600万画素にアップし、2.5型液晶ディスプレイの解像度が倍増の20.7万画素になったこと。FX9の画像処理エンジンは、FX8と同じ「ヴィーナスエンジンプラス」を採用するが、バッテリー寿命はFX8の300枚から270枚に減少している。

 レリーズタイムラグは最短0.006秒を実現。連写機能は、毎秒3コマ、最大8コマ(スタンダード)/最大6コマ(ファイン)の高速連写が可能なほか、従来同様SDメモリーカードの容量いっぱいまで撮影できるフリー連写モードを備える。

 記録画像のアスペクト比は、通常の4:3とワイド画面テレビ向けの16:9に加え、FX9では35mm判フィルムと同じ3:2で撮影できるようになった。シーンモードに「星空モード」と「キャンドルモード」の2種類を追加。静止画の最大記録解像度は、2,816×2,112ピクセル。

 カラーバリエーションは、マット調のツヤ消し処理した「シルキーシルバー」、ソフトタッチの触感塗装を施した「コンフォートレッド」「エクストラブラック」、グロス調の光沢塗装を施した「モーブグレー」の4色を用意する。

 そのほかの機能およびスペックは、FX8と共通。光学3倍ズームのライカDC VARIO-ELMARITレンズを採用し、レンズ構成は6群7枚(光学式手ブレ補正機構内蔵)となる。焦点距離は5.8〜17.4mm、画角は35mm判換算で35〜105mmに相当。開放F値は、F2.8〜F5.0。感度は、ISO80、100、200、400に相当する。

 記録メディアは、SDメモリーカード/マルチメディアカードに対応する。動画は、640×480ピクセル、30fpsで撮影可能だ。

 本体サイズは幅94.1×高さ50.5×奥行き24.2mm、重さは約127g(バッテリー、記録メディア除く)。
《高柳政弘》

特集

page top