IRIユビテック、YOZANのWiMAXフィードテストに参加 | RBB TODAY

IRIユビテック、YOZANのWiMAXフィードテストに参加

ブロードバンド その他
 IRIユビテックは、YOZANが行うWiMAXのフィードテストに参加すると発表した。遠隔教育や高品位テレビ電話など、大容量データ通信の実現性を検証する。現在、準備を進めており、7月から本格的に開始する。

 この実証実験では、住友電工ネットワークスが開発したセットトップボックス(STB)「Stream Cruiser」を採用。このSTBには、パケット損失による動画のエラー修復機能が搭載されているため、無線を用いるWiMAXとの親和性が高いとしている。
《RBB TODAY》
【注目の記事】[PR]

特集

page top