スーパーサット、Windows CE 5.0搭載によるブロードバンドテレビSTB「MegaBox」を発売 | RBB TODAY

スーパーサット、Windows CE 5.0搭載によるブロードバンドテレビSTB「MegaBox」を発売

エンタメ その他

左からアトラス 代表取締役社長・猪狩茂氏、スーパーサット 代表取締役社長・嘉納行則氏、同じくプロジェクトリーダー・中田耕市氏
  • 左からアトラス 代表取締役社長・猪狩茂氏、スーパーサット 代表取締役社長・嘉納行則氏、同じくプロジェクトリーダー・中田耕市氏
  • 握手を交わすアトラス 代表取締役社長・猪狩茂氏とスーパーサット 代表取締役社長・嘉納行則氏(左から)
  • MegaBoxメインメニュー
  • STBの背面
 スーパーサットは、Microsoft Windows CE 5.0を搭載した独自のブロードバンドTVサービス用セットトップボックス(STB)「MegaBox」を、今月から発売する。このために専用のブロードバンドコンテンツポータルサイト「MegaWorld」を開設する。また、アトラスがMegaBoxの国内総発売元として提携する。

 MegaWorldはブロードバンドインターネット回線に接続されたルーターなどとLAN接続し、家庭用テレビの画面で楽しむ独自のブロードバンドTVサービスのプラットフォーム。回線はブロードバンドであれば回線の種類やプロバイダを問わない。配信用サーバ設備を確保するとともに、オンラインでの決済システムを構築済みだという。

 MegaBoxは、このMegaWorldを楽しむための専用STBで、OSとしてMicrosoft Windows CE 5.0を搭載し、画像圧縮技術としてMPEG4を利用している。Webコンテンツの閲覧や電子メールの送受信などはPC並みの本格的な機能をもちつつ、専用リモコンで簡単に操作できるとしている。

 クレジットカード情報などはSSLによる通信でセキュリティを確保し、またデジタルコンテンツの著作権を保護するためのDRMや、またアナログ出力からのコンテンツのコピーを防止するMicrovisionなどにより、コンテンツホルダの利益を損ねないブロードバンドTVを実現する。ハードウェア的には、当初発売されるMB-1型では、CPUにVIA C3/1GHzと、128MBのRAM、そして40GバイトのHDDを搭載している。

 コンテンツとしては、海外のテレビ放送のリアルタイム配信、ダウンロードによるビデオ番組、VOD(ビデオオンデマンド)のほか、カラオケやオンラインゲームなども提供される。また、MegaWorldをプラットフォームとした他社によるコンテンツ提供サービスも、積極的に展開していくという。有料コンテンツについては、予めサービス内でポイントを購入し、それを消費していく仕組みとなっている。

 なお、海外のテレビ放送については、衛星経由での伝送とサーバを経由することとを合わせて、約8秒の遅れとなり、またリアルタイム「放送」とすることで許諾を得ているため、ハードディスクには録画できない。ビデオ番組やVODについては、DRMにより、期間を限っての視聴設定ができる。ストリーミング映像コンテンツは800kbps〜1Mbpsで製作されており、安定して視聴するために必要な回線速度は1.5Mbps以上だという。

 MegaBoxはオープンプライスだが、実売想定価格は39,800円。視聴のための月額基本料金は945円で、海外TVやVODなどのコンテンツは別途有料。家庭用のほか、ホテルなどでの業務用VODシステムとしての普及も図りたいとしている。スーパーサットではすでに5万台のMegaBoxを出荷できる体制を整えており、今年度中の目標は20万台。
《小笠原陽介》

特集

page top