ソニー、高速読み書き対応で2Gバイトのメモリースティック PRO デュオを発売 | RBB TODAY

ソニー、高速読み書き対応で2Gバイトのメモリースティック PRO デュオを発売

IT・デジタル デジカメ

 ソニーマーケティングは小型・携帯機器向けのメモリメディアである「メモリースティック PRO デュオ」に、PCでの高速読み書きに対応した容量2Gバイトの製品と、容量1Gバイトの普及タイプ製品をあらたに発売する。
  •  ソニーマーケティングは小型・携帯機器向けのメモリメディアである「メモリースティック PRO デュオ」に、PCでの高速読み書きに対応した容量2Gバイトの製品と、容量1Gバイトの普及タイプ製品をあらたに発売する。
  •  ソニーマーケティングは小型・携帯機器向けのメモリメディアである「メモリースティック PRO デュオ」に、PCでの高速読み書きに対応した容量2Gバイトの製品と、容量1Gバイトの普及タイプ製品をあらたに発売する。
 ソニーマーケティングは小型・携帯機器向けのメモリメディアである「メモリースティック PRO デュオ」に、PCでの高速読み書きに対応した容量2Gバイトの製品と、容量1Gバイトの普及タイプ製品をあらたに発売する。

 容量2GバイトのMSX-M2GNは「メモリースティック PRO デュオ(High-Speed)」という名称の通り、従来のメモリースティック PRO デュオとの完全な互換性を保ちつつ、80Mbpsという読み書きスピードに対応するのが特徴。これにより、PCとのデータ転送が従来品比約1/2の所要時間で済むという。ただしデジタルスチルカメラであるサイバーショット(従来機)でのデータ読み出し/書き込み速度は従来品と同等になる。同シリーズでは1Gバイトまでの容量のものが4月下旬に発売予定となっており、今回発表された2Gバイトは6月上旬に発売予定。

 MSX-M1GSは普及タイプで容量1Gバイトの製品。すでに256MBと512MBが発売されており、今回発表の1Gバイトは7月下旬発売予定。

 価格はいずれもオープンプライス。
《小笠原陽介》

特集

page top