ソニー、MP3が再生できて70時間も電池が持続するネットワークウォークマンを発表 | RBB TODAY

ソニー、MP3が再生できて70時間も電池が持続するネットワークウォークマンを発表

 ソニーマーケティングは、MP3が再生できるネットワークウォークマン7機種26モデルを3月21日から順次発売する。

IT・デジタル その他
 ソニーマーケティングは、MP3が再生できるネットワークウォークマン7機種26モデルを3月21日から順次発売する。
  •  ソニーマーケティングは、MP3が再生できるネットワークウォークマン7機種26モデルを3月21日から順次発売する。
  •  ソニーマーケティングは、MP3が再生できるネットワークウォークマン7機種26モデルを3月21日から順次発売する。
 ソニーマーケティングは、MP3が再生できるネットワークウォークマン7機種26モデルを3月21日から順次発売する。

 今回発売されるのは4月21日発売のスティック型ボディ「NW-E505/E507」「NW-E405/E407」と、3月21日発売の丸形ボディ「NW-E103/E105/E107」の3タイプだ。再生可能なフォーマットは、全機種ともにATRAC3plus形式とMP3形式で、付属ソフト「SonicStage Ver.3.0」を使い、専用USBケーブルでPCから転送する。対応OSはWindows XP/2000 Professional(SP3)/Me/98SE。

 NW-E505/E507とNW-E405/E407は、3行の漢字表示ができる有機ELディスプレイを搭載したスティック型の機種。さらに、NW-E505/E507にはFMチューナーを内蔵している。ディスプレイ部には楽曲情報のほか、時計や日付、ラップタイムの表示も行える。また、小さいボディながら、簡単操作ができるジョグシャトルを採用している。

 本体サイズはすべて幅84.9×高さ29.1×奥行16.1mmで、重さは47g。内蔵充電池の持続時間は約50時間。

 NW-E103/E105/E107は、丸形ボディーに本体一体型キー構造の操作面を採用した機種。本体前面には漢字表示に対応したバックライト付き液晶画面を搭載している。

 本体サイズはすべて幅56.2×高さ58.1×奥行19.2mmで、重さは37g。電源には単4乾電池が採用されており、電池持続時間はアルカリ乾電池で約70時間。

■ネットワークウォークマン(有機ELディスプレイ・FMチューナー搭載)
●NW-E505
 価格:オープン(実売予想価格:20,000円前後)
 メモリ容量:512Mバイト
●NW-E507
 価格:オープン(実売予想価格:25,000円前後)
 メモリ容量:1Gバイト
※本体カラー
 スパークリングシルバー(S)、
 アズールブルー(L)
 チェリーピンク(P)

■ネットワークウォークマン(有機ELディスプレイ搭載)
●NW-E405
 価格:オープン(実売予想価格:17,000円前後)
 メモリ容量:512Mバイト
●NW-E407
 価格:オープン(実売予想価格:22,000円前後)
 メモリ容量:1Gバイト
※本体カラー
 ミッドナイトブラック(B)
 オーシャンブルー(L)
 ローズレッド(R)
 オリーブグリーン(G)

■ネットワークウォークマン
●NW-E103
 価格:オープン(実売予想価格:10,000円前後)
 メモリ容量:256Mバイト
●NW-E105
 価格:オープン(実売予想価格:14,000円前後)
 メモリ容量:512Mバイト
●NW-E107
 価格:オープン(実売予想価格:20,000円前後)
 メモリ容量:1Gバイト
※本体カラー
 フロスティーシルバー(S)
 アクアティックブルー(L)
 ベルベットレッド(R)
 ジャンピングオレンジ(D)
《村上幸治》

特集

page top