松下、モバイルノート「Let'snote」シリーズを刷新 CPU強化やDVDスーパーマルチドライブ採用など | RBB TODAY

松下、モバイルノート「Let'snote」シリーズを刷新 CPU強化やDVDスーパーマルチドライブ採用など

IT・デジタル ノートPC

14.1型SXGA+液晶、DVDスーパーマルチドライブ搭載のY2
  • 14.1型SXGA+液晶、DVDスーパーマルチドライブ搭載のY2
  • 12.1型XGA液晶、DVDスーパーマルチドライブ搭載のLet'snote W2F
  • 12.1型XGA液晶搭載のLet'snote T2F
  • バッテリー駆動約9時間、10.4型XGA液晶搭載のLet'snote R3F
 松下電器産業は、個人向けモバイルノートPC「Let'snote」シリーズの新製品として、全シリーズの基本性能を強化し、60GバイトHDDとDVDスーパーマルチドライブ、14.1型SXGA+液晶搭載「Let'snote Y2Fシリーズ」、12.1型XGA液晶とDVDスーパーマルチドライブ搭載「Let'snote W2F」、バッテリー駆動約9時間で10.4型XGA液晶搭載「Let'snote R3F」、12.1型XGA液晶搭載「Let'snote T2F」を2月25日から順次発売する。価格はオープン。

 Let'snote Y2Fシリーズは、HDD容量が60Gバイトにアップ、低電圧版Pentium M758(1.50GHz)、Intel 855GMEチップセット、DVDスーパーマルチドライブと14.1型SXGA+液晶を搭載し、重さは約1,510g。標準バッテリーで約7時間の長時間駆動を実現。また、Office Personal Edition 2003搭載モデルも台数限定で用意する。実売予想価格は265,000円前後、Office搭載モデルが290,000円前後。

 Let'snote W2Fは、超低電圧版Pentium M 753(1.20GHz)、Intel 855GMチップセット、DVDスーパーマルチドライブ、40GバイトHDD、12.1型XGA液晶を装備し、重さは約1,290g。標準バッテリーで約7.5時間の長時間駆動が可能としている。CPRMによる著作権保護で記録されたDVD-RAM/-RWの再生も行なえる。実売予想価格は245,000円前後。

 Let'snote T2Fは、超低電圧版Pentium M 753(1.20GHz)、Intel 855GMEチップセット、40GバイトHDD、12.1型XGA液晶を搭載し、重さは約1,070g。バッテリー駆動時間は約5時間となる。実売予想価格は210,000円前後。

 Let'snote R3Fは、超低電圧版Pentium M 753(1.20GHz)、Intel 855GMEチップセット、40GバイトHDD、10.4型XGA液晶を装備し、重さは約990g。バッテリー駆動時間は約9時間を実現している。実売予想価格は200,000円前後。

 そのほか、Let'snoteシリーズ共通のスペックは以下のとおり。プリインストールOSは、いずれもWindows XP Professionalを採用。256Mバイトメモリ、IEEE802.11a/b/g準拠無線LAN「PRO/Wireless 2915ABG」を搭載し、インターフェースには、PCカード(TYPE II)スロット、SDメモリーカードスロット、USB2.0×2、マイク、ヘッドホン出力、ミニD-Sub15ピンを用意する。

 
《高柳政弘》

特集

page top