カスピアンら3社、P2Pトラフィックの検出・制御で提携 | RBB TODAY

カスピアンら3社、P2Pトラフィックの検出・制御で提携

エンタープライズ その他

 カスピアンネットワークス、キャッシュロジック、シェニックの3社は、通信事業者向けのピア・ツー・ピアトラフィックの検知・制御ソリューションで提携したと発表した。通信事業者の要求する速度でリアルタイムにトラフィック制御を行えるという。

 この提携により、カスピアンのフローステート・ルータ「Apeiro」によるネットワーク層でのP2Pトラフィック検知、キャッシュロジックの「Cacheswitch」「Cachepliance」によるアプリケーション層でのディープ・パケット・インスペクション、シェニックの「diversifEye」による効果測定が包括的なソリューションとして提供される。

 P2Pトラフィックは別のアプリケーションを装うなどトラフィック制御をかいくぐるものが出てきているが、3社のソリューションではこうしたトラフィックもリアルタイムに検出・制御が可能だとしている。
《伊藤雅俊》

特集

page top