プラネックス、ルータや無線LAN製品にM2XのVoIPサービスを同梱 | RBB TODAY

プラネックス、ルータや無線LAN製品にM2XのVoIPサービスを同梱

ブロードバンド その他

 プラネックスコミュニケーションズとM2Xは、VoIPサービスについての協業で合意したと発表した。プラネックスのルータや無線LANに、M2XのVoIPサービス「TaRaBa」を同梱、電話ソフトウェア「M2X-Lite」を1ヶ月間無料で提供。加入者同士の会無料通話と留守番電話、音声会議が利用できる。

 対象となるのは9月上旬以降に出荷される現行および新モデルで、当初はブロードバンドルータと無線LAN製品にバンドルされる。案内書が同梱され、電話ソフトウェア「M2X-Lite」はダウンロードでの提供となる。

 無料期間中は一般の固定電話や携帯電話への通話はおこなえないが、正式サービス(初期費用1,000円、月額300円)に申し込むと一般の電話とも通話が可能となる(固定電話は全国3分7.14円、携帯電話は1分17.32円)。

 M2X TaRaBaは、WindowsおよびMacOS Xに対応したVoIPサービスで、ISPを選ばない、固定電話・携帯電話への通話料が安いといった特徴がある。
《伊藤雅俊》

特集

page top