J-COM、イッツコム、JCNが転居ユーザの相互受け入れ制度を実施 | RBB TODAY

J-COM、イッツコム、JCNが転居ユーザの相互受け入れ制度を実施

ブロードバンド その他
 ジャパンケーブルネット(JCN)、イッツ・コミュニケーション(イッツコム)、ジュピターテレコム(J-COM)の3社は、転居ユーザの相互受け入れ制度を実施する。

 これは、3社がサービスを提供する地域間を移転したユーザを対象に、ケーブルテレビの工事費を割り引くといったサービス。まずは9月1日から12月31日まで実施し、動向を把握した上で、本格的に導入する意向だ。

 なおジャパンケーブルネットは13局、J-COMは30局にサービスを提供している。
《安達崇徳》

特集

page top