インテル、Pentium MとCeleron Mの低電圧版・超低電圧版をリリース | RBB TODAY

インテル、Pentium MとCeleron Mの低電圧版・超低電圧版をリリース

IT・デジタル その他

 インテルは、モバイルPC向けの新型プロセッサ4モデルを発表した。Pentium Mは1.40GHz、1.10GHz、1GHzの3モデル、Celeron Mは900MHzの1モデル。Dothanの低電圧版および超低電圧版で、いずれも90nmプロセスで製造されている。

 なお、Dothanからあらたに導入されたプロセッサナンバについては、プロセッサナンバの前に「低電圧版」「超低電圧版」と付けられ、区別できるようになっている。

 FSBはいずれも400MHzで、2次キャッシュはPentium Mで2MB、Celeron Mで512KB。パッケージはMicro FCBGAだ。各プロセッサの概要は以下のとおり。

・インテルPentium Mプロセッサ 低電圧版738
 クロック周波数:1.40GHz
 熱設計電力:10W
 動作電圧: 1.11V
 価格:@31,620円(1千個受注時)

・インテルPentium Mプロセッサ 超低電圧版733
 クロック周波数:1.10GHz
 熱設計電力:5W
 動作電圧: 0.94V
 価格:@29,170円(1千個受注時)

・インテルPentium Mプロセッサ 超低電圧版723
 クロック周波数:1GHz
 熱設計電力:5W
 動作電圧: 0.94V
 価格:@26,830円(1千個受注時)

・インテルCeleron Mプロセッサ 超低電圧版353
 クロック周波数:900MHz
 熱設計電力:5W
 動作電圧: 0.94V
 価格:@17,930円(1千個受注時)
《伊藤雅俊》

特集

page top