NECアクセステクニカ、「らくらく無線スタート」を搭載したブロードバンドルータを発表 | RBB TODAY

NECアクセステクニカ、「らくらく無線スタート」を搭載したブロードバンドルータを発表

IT・デジタル その他

NECアクセステクニカ、「らくらく無線スタート」を搭載したブロードバンドルータを発表
  • NECアクセステクニカ、「らくらく無線スタート」を搭載したブロードバンドルータを発表
  • NECアクセステクニカ、「らくらく無線スタート」を搭載したブロードバンドルータを発表
 NECアクセステクニカは、IEEE 802.11a/b/g切り替えタイプのブロードバンドルータ「AtermWR6600H」と同時利用が可能な「AtermWR7800H」を発表した。いずれも、「らくらく無線スタート」を搭載しているのが特徴だ。

Aterm WR7800H


 WR6600Hは本日より出荷が始まり、価格はオープンプライスだが実売は14,800円程度(税込み)。一方のWR7800Hは7月中旬より出荷予定で、こちらもオープンプライスだが、実売は21,000円程度(税込み)。

 らくらく無線スタートは、無線LANにおけるセキュアな設定を簡単に行える機能。今回発表された2機種ともに実装されている。

 具体的にはクライアント側のPCにCD-ROMを挿入すると、インストーラーが起動。ドライバやクライアントソフトが自動的にインストールされる。これらが完了し、音声ガイドに従ってルータの「らくらくスタートボタン」を押すことで、SSIDやWEPキーの設定が自動的に行われ、ルータとPCが接続できるという流れだ。

 また、メディアコンバータでらくらく無線スタートを利用する場合は、ルータとイーサネットケーブルで接続し、らくらくスタートボタンを押すだけで設定が完了する。これによりPCがなくても設定できるようになり、PS2やHDDレコーダなど非PC環境での利用をより促進するものになる。

 ブロードバンドルータにおけるWAN〜LANのスループットは、設計目標値が最大で80Mbps以上、無線LANには高速化技術「Super A/G」が採用されており30Mbps〜45Mbps程度のスループットが期待できるとしている。また、最大3つまでのPPPoEマルチセッション、VPNパススルー、UPnP、DMZホスティング、IP unnumberedなどブロードバンドルータにおける機能も充実している。

 なお両機種とも単体でも販売されるが、PCMCIA型のクライアント「WL54AG」またはメディアコンバータ「WL54TE」がセットになっているパッケージも用意されている。
《安達崇徳》

特集

page top