富士通も最終黒字に——決算説明会の模様をストリーミングオーディオ配信 | RBB TODAY

富士通も最終黒字に——決算説明会の模様をストリーミングオーディオ配信

IT・デジタル その他

 富士通が27日発表した2004年3月期連結決算は、売上高が前期比3.2%増の4兆7,668億円、本業のもうけを示す営業利益は同49.7%増の1,503億円となった。純利益は、前期が1,220億円の赤字だったが、当期は497億円の黒字に転換した。

 PC分野は、国内の価格下落の影響を台数増でカバーし、ほぼ前年並み。ノートPC向けHDDも好調。海外では、UNIXサーバやPC、HDDが欧州、北米を中心に売上を伸ばし、増収となった。また、携帯電話は高機能化によりコストアップとなり収益は悪化。

 電子デバイス分野は、AV機器や携帯電話などデジタル機器向けを中心に半導体の売上が増加。PDPやLCDもそれぞれ前年比50%以上と大幅に伸長した。

 なお、同社Webサイトでは、決算説明会の模様をストリーミングオーディオで配信している。説明会は約1時間で、5月28日まで視聴可能。視聴するには、Windows Media Player 9が必要となる。
《高柳政弘》

特集

page top