「ラーメンニッポン!」の次を狙え! タウン誌が結集して発信する地元通情報 | RBB TODAY

「ラーメンニッポン!」の次を狙え! タウン誌が結集して発信する地元通情報

エンタメ その他

「ラーメンニッポン!」の次を狙え! タウン誌が結集して発信する地元通情報
  • 「ラーメンニッポン!」の次を狙え! タウン誌が結集して発信する地元通情報
  • 「ラーメンニッポン!」の次を狙え! タウン誌が結集して発信する地元通情報
  • 「ラーメンニッポン!」の次を狙え! タウン誌が結集して発信する地元通情報
  • 「ラーメンニッポン!」の次を狙え! タウン誌が結集して発信する地元通情報
 地方から中央に向けての情報発信が本格的に動き出した。デジタルコンテンツネットワーク(以下、DCN)と松下電器産業は、タウン誌の特色を活かした地域情報提供事業「地元通情報事業」を本格展開するとともに、さまざまな地元情報を集めたサイト「ニッポン地元通情報 GANSO」をグランドオープンした。

 タウン誌とは、地元に密着したショップやイベントなどの情報を掲載した小冊子のこと。1970年代には各地で創刊ラッシュが相次ぎ一大ブームを起こした。DCNは全国各地でタウン誌を発行する出版社が集まり、各社バラバラだった情報を一元管理することで地方から中央に情報を発信するために設立された会社だ。同社には松下電器産業、ゼンリンのほか15のタウン誌を発行する出版社が出資している。

 今回、DCNが本格展開する地元通情報事業の特徴は、「地元を知り尽くしたスタッフ」が「地元に根ざしたネットワーク」を使って「足で稼いだネタ」を厳選して配信することにある。そのために構築されたのが、日本全国37のタウン誌が持つ各データベースから厳選した情報を一元管理する「GANSO DB」である。DCNは、最大の財産である「GANSO DB」の構築・運営・管理を行なうとともに、GANSO DBの情報をインターネットや松下電器産業が運営するテレビを使った情報サービス「Tナビ」のコンテンツとして配信するBtoCサービス、地域情報コンテンツやサービスとして対企業にデータ販売したり、開発を請け負うBtoBサービスとして展開していく。

 地元通情報事業のデータベースを構築するにあたって、松下電器産業はDCNに対してデータベース構築からエンコード技術までさまざまな技術を提供してきた。両社の協力関係は2001年、地域情報の新しいサービスモデルを検討するという形からはじまり、この3年間で「ラーメンニッポン!」「沖縄三線道場」といった特定ジャンルでの成果を発表してきた。今回は特定ジャンルから全国レベルまで拡大させたということになる。

写真左からデジタルコンテンツネットワーク事業本部長 鈴木正利氏、代表取締役社長 緒方邦博氏、松下電器産業eネット事業本部 本部長 木村純氏。パソコンとTナビに表示された「ニッポン地元通情報 GANSO」


 松下電器産業の木村純氏(eネット事業本部 本部長)は、「2004年が本当の意味で通信と家庭が融合すると考えています。DCNとの共同事業によって、Tナビも一層普及していくものと思っています」と、地域情報にかける意気込みを語る。「Tナビ」とは、デジタルテレビをブロードバンド回線に接続することで利用するテレビを使った生活情報サービスのこと。テレビのリモコン1つでショッピングやカラオケ、ニュースや映画情報など、さまざまなジャンルの合計67のサービス(53社)を利用できる。本日からは海外生活・留学情報を扱う「STEP UP ぴあ」(エアービジネスコンサルタンツ提供)、海外旅行・国内旅行を紹介する「東京・大阪発 海外旅行売れ筋BEST5」「関東・関西発 国内旅行売れ筋BEST5」(阪急交通社提供)が追加された。

 地元通情報事業の核となる地域情報サイト「ニッポン地元通情報 GANSO」は、ご当地ならではの名産・名物料理を紹介する「がんそグルメ王国 GANSO.TV」、地元通ならではのご当地グルメ情報を満載した「じもと通グルメ」、定番から超穴場まで紹介しまくるスポット情報「GANSO流いいとこニッポン」、地元ならではの究極の温泉を紹介する温泉情報「GENSEN温泉」、映画・音楽・演劇などのエンターテインメント情報を満載した「showbiz通」の5本の柱から構成される。

 これら5つのうち「がんそグルメ王国 GANSO.TV」のみ動画で配信されている。配信方式はWindows Media Player形式、帯域は1Mbpsと500kbpsの2種類。「がんそグルメ王国 GANSO.TV」では7つの動画が配信されているが、今後は毎月1〜2本程度、追加していくという。また、「じもと通グルメ」では、掲載されている約1万店から毎月5店舗に厳選した特集企画が掲載され、利用者を楽しませてくれる。

 残念ながら動画を配信しているのは「がんそグルメ王国 GANSO.TV」のみだが、「showbiz通では一部サンプル版などの動画を配信しています。また、今秋にもGENSEN温泉の動画配信を予定しています。他の2つは少し遅れますが、来春あたりには動画配信したいと考えています」と、鈴木正利氏(DCN事業本部長)は語る。また、今後は「ラーメンニッポン!」のように、人気のあるコンテンツの書籍化やDVD化、課金・ECサービスへの展開などを図るとしている。

 ところで、松下電器産業が提供するテレビを使った情報サービス「Tナビ」はまだ動画に対応していない。したがってグランドオープンした「ニッポン地元通情報 GANSO」のうち動画配信の「がんそグルメ王国 GANSO.TV」は残念ながらTナビでは楽しめない。技術的な問題がクリアされ、Tナビで動画が楽しめるようになるにはもう少し時間がかかりそうだ。

地元通情報事業に参画した各地のタウン誌(写真左)。Tナビはデジタルテレビ向けに制作された生活情報サービス。パナソニックの地上デジタル放送対応テレビはすべてTナビに対応している(写真右)
《北島友和》

特集

page top