パワードコムとフュージョン、電話事業の統合で基本合意 | RBB TODAY

パワードコムとフュージョン、電話事業の統合で基本合意

ブロードバンド その他

 パワードコムとフュージョン・コミュニケーションズ(フュージョン)は、電話事業の統合について基本合意に至った。2005年4月末までの最終合意に向け詳細を詰めていく。

 両社では、2003年11月17日付で「統合検討委員会」を設置。電話部門の統合に向け検討を進めてきた結果、今回の基本合意に至った。

 今回の基本合意では主に
・パワードコムの電話事業部門を切り離しフュージョンに統合させる
・パワードコムがフュージョンの株式の過半数を保有し筆頭株主になる
・統合後のフュージョンでは現職の角田忠久氏が代表取締役社長兼CEOを努める
・2005年7月の統合を目指す
が決定した。

 なお、今のところパワードコムはフュージョンの株式のうち2.71%を保有している。
《安達崇徳》

特集

page top