コミュファ、マンション向けサービスを改定。各部屋まで光を敷設するサービスが開始 | RBB TODAY

コミュファ、マンション向けサービスを改定。各部屋まで光を敷設するサービスが開始

ブロードバンド 回線・サービス

 中部電力が提供するFTTHサービスコミュファは、集合住宅向けに各部屋まで光ファイバーを敷設する「コミュファ・マンションタイプF」と「アクセスコミュファ・マンションF」を開始する。

 これまで、集合住宅向けのFTTHサービスは、共用部分まで光ファイバーが敷設され、そこから各部屋まではLANケーブルまたはVDSLで接続されるケースがほとんどだった。今回開始されたコースでは、このLANケーブルやVDSLの部分も光ファイバー化されているのが特徴

 コースは、アクセスラインとISPサービスがセットになった「コミュファ・マンションタイプF」(月額4,500円)とアクセスラインのみの「アクセスコミュファ・マンションF」(月額2,600円)の2つ。屋内配線と回線終端装置の利用料金(合計で月額1,100円)が必要だ。

 ほか、「コミュファ・ホームスタンダード」が月額6,500円から月額6,000円に値下げされた。

 なお、いずれのサービスも同一マンションで12契約以上ある場合は月額500円の割引が適用される。

■コミュファ 2月から改定されるコース
●コミュファ・マンションタイプF(新設)
 利用料金:月額4,500円
●アクセスコミュファ・マンションタイプF(新設)
 利用料金:月額2,600円
●コミュファ・ホームスタンダード
 利用料金:月額6,000円
※別途、屋内配線と回線終端装置の利用料金が必要
《安達崇徳》

特集

page top