NTT東西、PSTNからIP電話への発信サービスを拡大。発信先のIP電話事業者を追加 | RBB TODAY

NTT東西、PSTNからIP電話への発信サービスを拡大。発信先のIP電話事業者を追加

ブロードバンド その他

 NTT東日本とNTT西日本は、PSTN(公衆電話網)からIP電話への発信サービスにて、発信先の事業者を追加する。

 追加されるのは、中部テレコミュニケーション、東北インテリジェント通信、STNet、九州通信ネットワーク、ケイ・オプティコム、アットネットホームの6社。

 通話料金は、発信元と発信先のエリアによって異なり、固定電話からの発信は3分10.5円または3分10.8円、公衆電話からの発信は18秒10円〜19秒10円。これら事業者への発信サービスは1月20日から開始される予定だが、九州通信ネットワークとアットネットホームについては別途案内される。

■固定電話からIP電話に発信した場合の料金(3分あたり)
●中部テレコミュニケーション
 エリア内の通話料金:10.5円
 エリア外の通話料金:10.8円
●東北インテリジェント通信
 エリア内の通話料金:10.5円
 エリア外の通話料金:10.8円
●STNet
 エリア内の通話料金:10.8円
 エリア外の通話料金:10.8円
●九州通信ネットワーク
 エリア内の通話料金:10.5円
 エリア外の通話料金:10.8円
●ケイ・オプティコム
 エリア内の通話料金:10.5円
 エリア外の通話料金:10.8円
●アットネットホーム
 エリア内の通話料金:10.8円
 エリア外の通話料金:10.8円
《安達崇徳》

特集

page top