白ものネット家電の普及に期待〜メーカー各社が相互接続・低コスト実現に向け技術仕様「iReady」を共同開発 | RBB TODAY

白ものネット家電の普及に期待〜メーカー各社が相互接続・低コスト実現に向け技術仕様「iReady」を共同開発

IT・デジタル その他

白ものネット家電の普及に期待〜メーカー各社が相互接続・低コスト実現に向け技術仕様「iReady」を共同開発
  • 白ものネット家電の普及に期待〜メーカー各社が相互接続・低コスト実現に向け技術仕様「iReady」を共同開発
  • 白ものネット家電の普及に期待〜メーカー各社が相互接続・低コスト実現に向け技術仕様「iReady」を共同開発
共同実証実験で使用したBluetoothアダプタ(クリックで拡大表示)
 白もの家電のネット接続に関する技術開発や商品化を行ってきた三洋電機、シャープ、東芝、三菱電機の4社は、各社の白もの家電を相互にネット接続するための技術使用「iReady」の共同開発に同意したことを発表した。

 外出先から携帯電話で操作できるエアコンや給湯器、レシピをダウンロードして最適な調理を行う電子レンジなど、白ものネット家電には大きな期待が寄せられてきた。しかし、メーカー間の相互接続やコスト高などが壁となり、普及が進んでいないのが実情だ。

 そこで上記4社が、「異なるメーカー間の相互接続」、「ネット接続機器のiReadyアダプタ化」「アダプタ接続端子搭載による低コスト化」「ネット配信サービス仕様の共通化」を実現する「白もの家電のiReady化」に乗り出したわけだ。iReadyアダプタ化には、電灯線や無線利用による家電制御のネットワーク通信技術の業界標準規格であるECHONET規格が採用される予定だ。

 ネット家電のiReadyアダプタ化では、Bluetoothや特定小電力無線内蔵の既存の白ものネット家電の接続、無線LANなどへの対応も可能とし、メーカーの壁を越えた相互接続を実現する計画という。

 なお、この取り込みは、1年程度を目標に上記4社以外の家電各社、コンピュータ周辺機器メーカー、インターネットサービス会社などの参加も募り共同で進めていくという。また、海外企業へのiReady技術仕様の採用推進も行っていく。

 「iReady」は、“IT Ready、Internet Ready、I am Ready”からとった造語で、ネットワークに繋がる準備ができている家電を意味する。
《編集部》

編集部のおすすめ記事

特集

page top