ケータイでブロードバンドを。auが最大2.4Mbpsの「CDMA 1X WIN」を11/28より開始 | RBB TODAY

ケータイでブロードバンドを。auが最大2.4Mbpsの「CDMA 1X WIN」を11/28より開始

ブロードバンド その他

ケータイでブロードバンドを。auが最大2.4Mbpsの「CDMA 1X WIN」を11/28より開始
  • ケータイでブロードバンドを。auが最大2.4Mbpsの「CDMA 1X WIN」を11/28より開始
  • ケータイでブロードバンドを。auが最大2.4Mbpsの「CDMA 1X WIN」を11/28より開始
  • ケータイでブロードバンドを。auが最大2.4Mbpsの「CDMA 1X WIN」を11/28より開始
  • ケータイでブロードバンドを。auが最大2.4Mbpsの「CDMA 1X WIN」を11/28より開始
 KDDIと沖縄セルラーは、携帯電話のインフラを用いた最大2.4Mbpsの接続サービス「CDMA 1X WIN」を11月28日より開始する。

 サービスは、関東、中部、関西の3大都市圏をエリアに開始し、2003年4月末には全国主要都市(人口カバー率70%)、2004年9月末までには全国(90%以上)に拡大する予定だ。またCDMA 1X WIN対応の端末は、cdmaOne、CDMA2000 1xのエリアでも利用できる。

 対応する端末は、日立製の「W11H」と京セラ製の「W11K」、PCMCIA型のデータ通信専用「W01K」(京セラ製)の3機種だ。

 料金は、電話機からEZwebとメールを利用する場合は1パケット0.2円で、PCに接続して利用する場合は1パケット0.1円になる。また、電話機からのEZwebとメールの利用が月額4,200円で使い放題になる「EZフラットプラン」のほか、パケットパックが3種類用意される。

 さらにこれに合わせ、デイリーまたはウィークリーで更新される動画コンテンツを自動的に電話機にダウンロードする「EZチャンネル」、ファイルサイズが最大1.5Mバイトに拡張され再生時間が約3分程度に伸びた「EZムービー」が開始される。また、ライブカメラの映像配信にも対応する。

日立製のW11H 京セラ製のW11K


PCMCIA型のデータ通信カード「W01K」
《安達崇徳》

編集部のおすすめ記事

特集

page top