固定電話から同番移行可能な法人向けIP電話サービス、10月29日よりスタート —NTT東西 | RBB TODAY

固定電話から同番移行可能な法人向けIP電話サービス、10月29日よりスタート —NTT東西

ブロードバンド その他

 NTT東日本およびNTT西日本は、法人向けIP電話サービスについての契約約款および料金の届出をおこなった。加入電話・ISDN向けの通話は、県内3分6円、県外3分10円という料金体系。

 固定電話から同番移行可能で、当初は東京23区(NTT東)および大阪市(NTT西)での提供となる。同一契約者グループであれば、このサービス利用者同士の通話は無料。携帯電話やPHS、国際電話、他社IP電話との通話も可能だ。

 月額基本料金が100chまで80000円、100chを超える部分は1chあたり800円ということで、利用回線数の大きな大企業向けではあるが、契約回線数が多いのであれば、コスト削減効果はかなり期待できるだろう。オプションサービスとして、PBXの機能がIP電話網で使える「IPセントレックス」も提供される。

 アクセス回線には帯域保証タイプの100Mbpsイーサネットアクセスが必要。NTT東西のサービスメニューでは、NTT東はメトロイーサ、NTT西はアーバンイーサが該当する。

 サービス開始予定日は、NTT東、NTT西とも10月29日を予定している。
《伊藤雅俊》

特集

page top