So-netが日本工学院の新入生800人にIDを配布。講師も派遣 | RBB TODAY

So-netが日本工学院の新入生800人にIDを配布。講師も派遣

ブロードバンド その他

 産学協同の一環として、ソニーコミュニケーションネットワーク(So-net)と学校法人片柳学園が提携した。

 片柳学園は、東京工科大学や日本工学院専門学校など1大学3専門学校を運営する学校法人だ。今回の提携により、So-netは日本工学院に特別講師を派遣、ネットワークサービス企画やWebデザインなど、実際のビジネスを踏まえた講義を行うという。

 またSo-netは、情報処理科・情報処理科三年制・パソコンネットワーク科・インターネット科・情報ビジネス科など、IT・情報処理分野関連の新入生800人にSo-netのIDを配布、さらに学科専用のWebサーバやメーリングリストなども提供する。

 配布されるSo-net IDは、月額2,000円で超過料金が発生しない「とことんコース」。なお、So-netではADSLサービスで利用料が半額になる学割サービスも提供している。

 日本工学院では、So-netより提供される各種サービスを利用することでより実践に即した教育を展開できるとしている。
《RBB TODAY》

特集

page top