公衆無線LANサービスに事業者淘汰の兆し? TOKAIが公衆無線LANの試験サービスを5月末で終了 | RBB TODAY

公衆無線LANサービスに事業者淘汰の兆し? TOKAIが公衆無線LANの試験サービスを5月末で終了

ブロードバンド その他

 TOKAIネットワーククラブ(TNC)は、公衆無線LANサービス「TNC Airstyle」の試験サービスを、5月31日をもって終了すると発表した。試験サービスの終了にともなうもので、退会手続きなどはユーザ側の手続きは不要。

 TNC Airstyleは無料試験サービスという位置づけで、昨年10月より静岡市中心部に限定して提供されていた公衆無線LANサービス。5月20日現在で8ヶ所のスポットがある。今後は、サービス内容の見直しと再検討を行うという。

 公衆無線LANサービスは、有料サービス、試験サービス、無料サービスなど、各事業者とも試行錯誤を続けている状態にある。現在、積極的にエリア拡大を図っているのは、ホットスポット、Yahoo! BBモバイルやNTT東西のMフレッツ・フレッツ・スポット、フリースポット協議会など一部の事業者のみで、他事業者に大きな動きはほとんどない。

 雨後の筍のように、多くの事業者が公衆無線LANサービスに参入したが、今後はサービスを停止したり、他事業者に接続するローミングに転向したりするなど、統合と淘汰が加速されるかもしれない。
《RBB TODAY》

特集

page top