TOKAIグループ、ソフトバンクグループと移動体・ネットワークインフラ事業などを提携 | RBB TODAY

TOKAIグループ、ソフトバンクグループと移動体・ネットワークインフラ事業などを提携

ブロードバンド その他

 エネルギー事業、情報通信事業などを多角的に展開しているTOKAIグループは本日、移動体通信事業やネットワークインフラ事業などのさまざまな事業領域でソフトバンクグループと提携し、協業していくことに合意したと発表した。

 移動体通信事業における協業では、11月に導入予定のMNP(モバイルナンバーポータビリティ)と同時にボーダフォンの携帯電話サービスの取り扱いをTOKAIグループが開始することが検討されている。また、ボーダフォンの移動体通信ネットワークを利用したMVNO(仮想移動体通信事業者)方式での協業の予定も示唆された。TOKAIグループでは、移動体通信事業を展開することで、既存のエネルギー事業、情報通信事業、CATV事業、およびセキュリティ事業などと併せてより多様なサービスが提供できるとした。

 現在TOKAIグループは北関東から大阪までの光ファイバー伝送路を自社保有していて、ソフトバンクグループに対して広帯域専用線サービスや光ファイバー賃貸サービスの提供を行っている。さらに今回の協業により、TOKAIグループが現在建設を進めている2007年3月完成予定の「中央ルート」などをソフトバンクグループに提供することが明らかにされた。また、TOKAIグループが自社ネットワークを保有していない北関東以東と大阪以西については、ソフトバンクグループのネットワークを利用してサービスの拡大をしたいとした。

 また、コンシューマブロードバンド事業のインフラ構築、およびコンテンツサービスについて協業することも検討されているとのこと。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top