狭山ケーブルテレビ、@NetHomeのバックボーンを利用。サービス名称も「さやま@NetHome」に変更 | RBB TODAY

狭山ケーブルテレビ、@NetHomeのバックボーンを利用。サービス名称も「さやま@NetHome」に変更

ブロードバンド その他

 アットネットホームは、埼玉県狭山市でCATVインターネットを展開する狭山ケーブルテレビに7月よりバックボーンの提供を開始する。狭山ケーブルテレビは、2002年12月よりすでに@NetHomeからコンテンツ提供を受けていた。

 これにより、狭山ケーブルのインターネット接続サービス「ちゃぴいNET」は「さやま@NetHome」に改名されるほか、3コース用意されていた接続サービスを下り8Mbpsと20Mbpsの2コースに統合する。

 さらに今回の提携は、将来的にはIP電話サービスの提供も視野に入れたものとなっている。

 なお、これにより@NetHomeは、フルサービス提携局が30局、コンテンツまたはバックボーンの提供は84局となり、合計114局に対してサービスを提供していることになる。

■さやま@NetHome(7月より)
●下り8Mbps
 利用料金:月額3,900円
●下り20Mbps
 利用料金:月額4,900円
《RBB TODAY》

特集

page top