エフビット、ホテルの客室とマンション向けにIP電話サービスを提供 | RBB TODAY

エフビット、ホテルの客室とマンション向けにIP電話サービスを提供

ブロードバンド その他

 エフビットコミュニケーションズ(エフビット)は、ホテルの客室と集合住宅に向けたIP電話サービス「Fiber Phone」を6月から開始する。

 同社では、あらたにホテルの客室向け接続サービスを開始する。それと同時にIP電話サービスにも対応させ、順次全国のホテルへ広げていくという。今のところPBXをIP網に接続する形を考えているという。

 ホテルの客室からかける外線の料金は、一般の電話よりも少々高く設定されている。ホテルの客室でIP電話が利用できるようになると、これまでよりも安く利用できるようになるだろう。

 また、従来から提供している集合住宅向けFTTHサービスでもIP電話が利用できるように準備を進める。まず6月から7月にかけて同社が回線を提供している集合住宅のうち約500棟に導入し、その後1,000棟に拡大するとのことだ。

 集合住宅向けのサービスでは、NTTコミュニケーションズのIP電話プラットフォームを利用しており、@niftyやOCNなどのISPとの無料通話が利用できる。基本料金は月額280円で、別途IP電話アダプタのレンタル料金として月額380円が必要となる。通話料金は国内のPSTNへの発信が一律3分8円、国際通話は1分9円(米国)から。
《RBB TODAY》

特集

page top