東京FM、「ロスト・イン・ラ・マンチャ」のブロードバンド&劇場試写会を開催--あの映画はこうして“作られなかった” | RBB TODAY

東京FM、「ロスト・イン・ラ・マンチャ」のブロードバンド&劇場試写会を開催--あの映画はこうして“作られなかった”

エンタメ その他

 エフエム東京(TFM)は映画ポータルサイト「CINEMA80」において、オリックス・クレジットの協賛により、5月公開予定の映画「ロスト・イン・ラ・マンチャ」のブロードバンド&劇場同時試写会を開催する。同サイトの試写会としては、4月18日より開催される「テープ」に続く2作目となる。

 インターネット試写会は4月25日から28日までで、定員は140名。劇場試写会は150組300名を対象に千代田区麹町のTOKYO FMホールにて4月18日に開催される。

 試写会への応募はWebサイトにて、4月18日まで受け付けている。応募多数の場合は抽選となるが、「CINEMA80」発行のメールマガジンに掲載されるキーワードを入力すると当選確率が高くなるという。

・ブロードバンド試写会
 日時:2003年4月25日(金)13:00〜4月28日(月)13:00
 定員:140名

・劇場試写会
 日時:2003年4月25日(金)19:00会場 19:30開演
 会場:TOKYO FMホール(東京都千代田区麹町)
 定員:150組300名

 ロスト・イン・ラ・マンチャ--17世紀のスペイン ラ・マンチャ地方を舞台に繰り広げる愛と冒険のストーリー「ドンキホーテ」。監督は「未来世紀ブラジル」「バロン」「12モンキーズ」などを手がけた奇才テリー・ギリアム、主演はハリウッドきっての実力派ジョニー・デップ、総制作費50億円。その撮影現場に数々の災難がふりかかる。次々とアクシデントに見舞われ、結局完成できなかった映画「ドン・キホーテを殺した男」の“未”完成への道を描いたメイキングムービー。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top