SII、データの「存在証明」などに使える時刻認証サービスの体験サイト | RBB TODAY

SII、データの「存在証明」などに使える時刻認証サービスの体験サイト

ブロードバンド その他

 セイコーインスツルメンツは、時刻配信局(TA / Time Authority)を使った時刻認証サービス「クロノトラスト」の機能を体験できる「タイムスタンプ体験サイト」を、4月10日よりオープンする。システムインテグレータや企業の情報システム部門などに向けに開設されるこの体験サイトでは、Windows用のクライアントプログラムを用いて、様々なデータファイルにタイムスタンプを取得することができる。

 時刻認証は、「共通に利用でき、しかも改ざんできない時刻」情報を利用することで、ある時刻にデータがその内容で存在していたことを保証するもの。電子申請や電子カルテなどのインフラ技術として重要となってきている。
《RBB TODAY》

特集

page top