@nifty、Webサイトにテレビ電話が設置できる「ゲストコール」を提供 | RBB TODAY

@nifty、Webサイトにテレビ電話が設置できる「ゲストコール」を提供

ブロードバンド その他

 @niftyは、自分が作成したWebサイトにテレビ電話機能を組み込んで訪問者と通話ができる「ゲストコール」を開始した。これは、テレビ電話サービス「Eyeballパティオ」のオプションサービスとして提供される。

 Eyeballパティオは、USBカメラやヘッドセットなどを用いて、Webブラウザ上で通話できる電話サービスだ。

 今回追加されたゲストコール機能では、Eyeballパティオユーザごとに専用のURLが用意される。訪問者は、そのURLを開くことによりEyeballパティオユーザとテレビ電話ができるようになっている。これまでEyeballパティオは、契約者同士でしか通話ができなかった。しかし、ゲストコール機能の追加により、通話相手に制限がなくなり、これまでよりもはるかに利用しやすくなったといえる。

 利用料金は月額300円。別途、Eyeballパティオの基本料金(月額500円)が必要となる。訪問者側に関しては、料金はかからない。なお、Eyeballパティオは3月末まではキャンペーンとして月額300円で提供されている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top