シマンテック、OICQパスワードを狙うウイルスについて警告 | RBB TODAY

シマンテック、OICQパスワードを狙うウイルスについて警告

エンタープライズ その他

 シマンテックは、セキュリティホールを使って自動起動するタイプの大量メール送信型ウイルス「W32.HLLW.GOP.G@mm」について警告している。メールのほか、ネットワーク共有ドライブなどを使っても感染を広めるようにできている。

 このW32.HLLW.GOP.G@mmは、IEのセキュリティホールを使うことで、Outlookなどでメールをプレビューしただけで発病する。ウイルスは発病すると、自分自身をシステムにコピーして自動起動されるよう設定するほか、HTMLファイルやメールボックスから検索したメールアドレス宛に自分自身を送信したり、ネットワークドライブのRecycled(ゴミ箱の実体)フォルダにコピーするなどの動作をする。また、中国で利用者の多いインスタントメッセージングソフト「OICQ」のパスワードを盗む機能も備えている。

 メールタイトルが英語または中国語となるなど、ターゲットは中国と思われるウイルスだが、セキュリティホールを使って自動起動するので十分注意が必要である。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top