NTT-AT、LANポート直付け型の極小メディアコンバータ発売 | RBB TODAY

NTT-AT、LANポート直付け型の極小メディアコンバータ発売

IT・デジタル その他

NTT-AT、LANポート直付け型の極小メディアコンバータ発売
  • NTT-AT、LANポート直付け型の極小メディアコンバータ発売
 NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)は、パソコンやハブのLANポート直付け型の極小メディアコンバータ「Mediapop」を3月より発売する。価格は20,000円。

 今回発売される製品は、NTTマイクロシステムインテグレーション研究所開発の技術をもとにNTT-ATが製品化したもので、従来のメディアコンバータの10分の1というサイズならびに消費電力を実現した点が最大の特徴。

NTT-AT「Mediapop」(製品イメージ)


 本体にRJ-45プラグを備えており、10BASE-T/100BASE-TX対応のLANポートに直接接続することで、容易にFTTD(Fiber To The Desk)環境を実現することができる。通信可能距離は2キロメートルで、同社では主に光配線を行う業界向けに販売を予定しているという。

 外形寸法は53mm(幅)×13.4mm(奥行)×11.2mm(高さ)で、重量は10グラム。給電はACアダプタまたはUSBポートを通じて行う。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top